COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 『2月最終日の房総三島湖』

『2月最終日の房総三島湖』

kawamura 2019.03.01

こんにちは、川村です。

前回、アカガエル祭りを期待するも空振りだった三島湖。
雨の日を狙い「今度こそ!」と出撃してまいりました。
今回も夜の雨量は少なく、気温も7℃と、寒くも暖かくもなく・・・いかに?

ともゑボートさんから出船。
上流のバックウォ―ターには他のボートが上がっていったため、くじら島を囲む筋へ。
前回の釣行時、同船したBasser誌ホリベさんがポッパーフロッグ(エバーグリーン)で50クラスをバラしたストレッチなのです。
茶色く濁った水色は相変わらずで、水温は8.9℃。

スティーズポッパーフロッグで流していくと、小さな土砂崩れに浮き木が溜まっている隙間で出るも、食い損じ。
フォローでベイトフィネスジグ7g(ティムコ/フックはFPPオフセット2/0)&ハリーシュリンプ4インチを入れ、浮き木の直下で誘うとジワッと重みが乗って44㎝。
その後、フロッグではもう一発出るも、バスのほうが空振りで出方も弱い・・・

このエリアを一旦離れ、バックウォ―ターへ。
水温は7.5℃と、先ほどのエリアより低い・・・
前回はバスがチラホラ見え、ボートで上がれるギリギリの最上流までいましたが、今回は取り残されたようなバスを2匹見ただけ。
今回の冷たい雨ではアカガエル祭りは発動せず、むしろバスのテンションを下げる雨だったのか?

ならば、バックウォーターにいたバスは何処へ?
真っ先に思い浮かぶのは、先ほどまで釣りをしていた茶色く濁った水温の高いエリア・・・
冷たい雨ゆえで水面には出ないだけで、実はもっといたのでは?

再度入り直し、カバージグSS8g(ダイワ)にハリーシュリンプ4インチをトレーラーにして、シャローバンクを丁寧に撃ってみることに。
カラーは一応アカガエルっぽく、ジグはグリパンスカートに、ハリーシュリンプのカラーはカスミスペシャル!
シャローに上がっているバスであれば、アカガエルが意識にあるのでは?と。

すると・・・先ほど流したストレッチからポツリポツリと釣れだし、雨が強まったタイミングでは連発!
食ってくる水深は1mちょっとまで。
岸際に落とし込んだらボトムを軽く跳ねさせながら這わせ、枝などを乗り越えたらフリーフォール。

オープンエリアではジグだと効率が悪いので、ヴァラップスイマー4.2のノーシンカーリグを巻きましたが、3バイトあるもすべてすっぽ抜け(ToT)/~~~
フロッグ同様、チョボッとついばむ弱いバイトで食い込まないのです。
スローに誘えつつ強すぎないジグ&ハリーシュリンプはハマッたようで、居れば疑いなく食ってくる感じ !(^^)!

結果7本、ちょろっと投げたリズィーでも1本釣れました。

しかし、冷たい雨がツラすぎる(*_*;・・・で、早めに帰着。
けっこうバイトはあったので釣れているかと思いきやそうでもなく、今年イチの釣果とのこと(*^^)v

ちなみに、ハリーシュリンプをジグトレーラーにするときには甲羅まで通し刺さないこがコツで、クビレを残すことで柔らかな動きが出ます。

アカガエル祭りは今回も持ち越しでしたが、春らしいシャローフィッシングを楽しめた2月最後の三島湖でした。

[タックル]
ロッド:スティーズフランカー
リール:スティーズA TW7.1L(SLP WORKSセミオーダー)
ライン:モンスターブレイブZ18ポンド

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop