COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 「冬の楽しみ」

「冬の楽しみ」

honda 2017.12.20

こんにちは、Bottomup 本田です。
いや~ホント寒くなってきましたね、先日のカスミ流入河川では陽射しがあったにもかかわらず、
水温6度(・・;)今年の12月はドンドン水温が落ちていってしまう感じで、例年のような一旦8度くらいで落ち着くようなことがないという…
こうなると、すべてのお魚達にとっても厳しいようで、この時期シャッドなどを引いてると増える、コイ・ハクレンなどのスレ掛かりがほとんど無い状況。サカナが全体的にいつもより深場に入っている印象をうけますね
実際、釣り仲間たちの釣果を聞いても、メタルバイブなどでやや深めを攻めるのが優勢のようで、バイトが浅いせいかバラシも多いと…(オイラもバラシ病にたたられてます(>_<)) そんな中でも、先週同船させてもらったO氏は尾ビレがかっこいい美バスをキャッチ

(午後の時合いか、コイツはメタルバイブを丸呑みでした)

こういうキレイな魚体のバスに出会えることが、寒い時期ならではの醍醐味であり、寒さを耐えるなかでの「冬の楽しみ」となっています。
自分自身の記憶の中でも、思い出深い一匹は冬に多いですね。
以前、寒い時期になってもよく通っていた小貝川では、12月でも流れがけっこうある場所でこんなヤツがスピナーベイトに喰ってきました。

(SR-miniを丸呑みしたゴーマル君、キョーレツな引きだったな~)

一度も釣られたことがないのでは?と思える、傷ひとつないパーフェクトな魚体でした。
イチかゼロのゲームになることも多く厳しい冬ですが、「価値ある一匹」に出会える可能性はむしろ高いかもですね。この冬も、そんな一匹を狙うためにジャークベイトの練習をしたり、メタルバイブの引き感やフォーリングを細かく観察したりと、釣り場に立つ機会はハイシーズンと変わらなそうです(・・;)
フィールドでのあったかコーヒーやカップ麺も、冬ならではの楽しみであり格別の味になりますからね(^_^)

そして、インドアでも「冬の楽しみ」はありますよ
リールのメンテナンスやチューニング、ルアーのちょっとした改造やスモラバなどのスカートを自分の好みで巻いてみたりと…

(そんな経験が生きてる?、今はスピナベスカートを巻き巻き)

先日の釣行でリップを折ってしまった、最近カスミ界隈で話題のラトリンログ。
コイツも基盤リップで再生しようか、それとも… 
などと色々考えを巡らすのも、また楽しですかね

皆さんも是非「冬の楽しみ」を味わってくださ~い

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop