COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 冬でもデコらない釣り

冬でもデコらない釣り

kawamura 2017.12.11

こんにちは、川村です。
12月ともなれば晩秋という感覚はもう過ぎ去り、冬です。
いうまでもなく、釣るのが難しいシーズンに突入していくわけですが・・・
まだ“初冬”である12月は、一年でもっとも釣れなくなるシーズンの一歩手前。
まだ釣れます!

昨年も今頃のタイミングからメタルバイブの釣果が増えつつ、
ショートダウンショットリグとスナッグレスネコリグで釣っていました。

メタルバイブは近年、各社5g前後の小さく軽めのアイテムが増えたことで、
霞水系や野池のような水深の浅いフィールドやハイプレッシャーな状況での有効性が明らかに増しました。

【写真上:今年の元旦初バスもスピニングPEによるメタルバイブでした】

また、スピニングタックルにPEラインを組んでのタックルセッティングが浸透したことも大きく、
・皿池のようにロングキャストが求められる場面において軽くぶっ飛ぶ。
・リフト&フォールにおいて瞬時に動き出し、より持ち上がる。
・感度とフッキングパワーの伝達に優れる。
・引っ張り強度が強い。
これらすべてにおいて明らかなメリットがあり、
特に3.5g~5gのメタルバイブにおいてはもう他では代用できないほど。

PEラインは見やすい色のほうが絶対に良く、細いだけに視認性の悪いモノは本当に釣りにくい・・・
僕は旧PEパフォーマンス(イエロー)から、
今はモアザン8ブレイド(ライムグリーン)の0.8号を巻いています。
リーダーはハリス用の硬く高強度なもの。針絡みも軽減でき、絡んでもほどきやすい。
こちらはタフロンZαの1.5号を1mほど、FGノットで接続します。

【写真上:ロッドはスティーズキングボルトに、視認性に優れたPEラインの組み合わせ。
リールはハイギアのほうがリフト&フォール時のラインスラッグ処理がラクです】

ルアーはオーバーライド3.5~5gとブースト5~7gが個人的には実績十分。
また、先日スタッフ本田が購入していたリトルマックスの5gも美味しそうなアクションだったので、
この冬実践投入してみよう!

で、メタルバイブは瞬間的な動きや波動とスピード、
そしてフラッシングも伴って強制的に反応させてしまう効果に特化していますが、根掛かりがコワイ(>_<)
根掛かり回収機なくては成立しないといってもいいのですが、
ボートならまだしも、オカッパリだと回収機が届かないこともままあり、
どうしてもロストは覚悟のうえでの釣りとなってしまいます。

そこでおすすめなのが、ヘビーダウンショット!
メタルバイブほど引っ掛からず、根掛かりしても失うのはシンカーだけで済むことも多い。

先日土日に霞水系でロケをおこなった『ホリデーアングル9』でも、
アングラーが横一線に並ぶメジャーエリアで唯一有効な釣り方でした。
スピーディな動きでリアクション効果が高く、スレっからしの喰い渋りバスも喰っちゃいます!(*^^)v
誘い方にキモがあり、ぜひホリデーアングル9で観ていただきたいところ(速攻の1月リリース予定!)。

【写真上:ブレーバーのヘビダンのリアクションで釣ったバス】

タックルは、ベイトフィネスタックル(ショアコンペティション66Mプロト)に、
ラインは硬くて根ズレに強いスティーズフロロの10ポンド。
フックは細軸で、ナローゲイプかつ掛かりが深いD.A.Sオフセット(FINA)に、
シンカーは5~7gで、ブロックに挟まりにくいスリムタイプがベストです(バザーズTGスリム)。

で、もうひとつのキモはワーム。
ズバリ、ブレーバー57を4インチほどに短くしたものがドンピシャでした。

ブレーバー50ではなく、あえて57を短くしたもののナニがいいのかというと、
長さに対してボディはちょい太めでテールアクションも強め。
さらに、ズンドウボディを短くしすぎないことで、
しゃくった時にクローラー的なボディをクネらせる動きまで出る!
フォールとシャクったときの瞬間的なリアクション効果が高く、それでいて強すぎない。

ありそうでないシェイプながら無くてはならないので、
来年の冬前にはより煮詰めたうえで製品化したいな。
で、すぐに試してみたい方は、とりあえず短くカットするだけでも実践的にはOKですが、
僕は見た目的にちょっと・・・

カッターとハンダゴテがあればキレイに作れますので、こだわる方は写真を参考にどうぞ。
ヤケドにだけご注意いただいて、コツはくっつける断面を溶かしすぎないことです。
カッターを真上から押し付け真っすぐカットして、表面だけ均一に溶かして、すぐに真っすぐくっつける。
僕はさらにくっつけた断面の盛り上がりを馴らして、ハチマキっぽく処理しています。

【写真上:寸詰めするならカット断面を真っすぐに。
斜めになると仕上がりが曲がります。サイズ感はお好みで】

【写真上:緊張の瞬間。均等に溶かして素早く接着!】

【写真上:5.7インチと比較。この中途ハンパなサイズ感がGoodなのです】

冬の定番、消波ブロックの穴撃ちで釣れますよ~!!

そしてスナッグレスネコリグは、消波ブロックはもちろん、
沈みオダや沈船、ブッシュなど複雑で引っ掛かりやすい隙間撃ちに。
隙間に落としては乗り越えては落とし、軽く引っ掛かってはプリッと外してまた落とし込んで・・・
ラインスラッグ(ラインのたるみ)をいかしながら、ボトムやカバーを舐めるように誘ってきます。

こちらは先日リリースされた『陸魂6冬編』を見ていただければ、撃ちどころや誘い方など一目瞭然!
こちらも、小さな落差でもプリプリ誘ってくれるブレーバーがバイトチャンス多し、です。

今年のラストフィッシュ、よい締めくくりを~(^_-)-☆

【先日のホリデーアングル9撮影中にプロトスモラバで釣ったビッグバス!!】

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop