COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 大寒期を、効率よく釣る!!

大寒期を、効率よく釣る!!

sato 2018.02.14

皆さんこんにちは、フィールドレポーターの佐藤賢一郎です。
今年の冬は、本当に寒いですね・・・(-_-;)

朝イチ、モーニングBITEを狙ってフィールドに出かけても、
小規模な河川や水路などは凍結していて、
ルアーを水中に投入するどころか、氷上スキッピングが出来てしまう~
なんてことも、しばしば・・・(゚Д゚;)。

ですので、水面が凍ってしまうような氷点下の日はゆっくりスタートで、
午後の部に集中しての釣りが、個人的にはおススメであります。

冬の季節、釣果をあげるのに一番重要なのは・・・、
使用するルアーのジャンルを絞り込み、
その中で自分自身が「このルアーだぁ!!」と、思えるルアーを見出し
“自信を持って 一日中やり通すこと”だと思っています。/>

自分としては、この3機種!!!

① 霞水系、元祖冬の定番 シャッドプラグ
とにかく、投げ倒す事で結果が出ます!!
冬は何回もルアーをトレースする事で、ようやく口を使ってくれるバスがいるからです。
また、シャッドルアーの中でも、
状況に応じてシャッドを使い分ける事でも釣果が変わってくるので、
タイプの異なるシャッドプラグを試す事もこの釣りの醍醐味であります。

②冬鉄板!? メタルバイブ
自身、語れる程メタルバイブは使い込んではおりませんが・・・
この冬、釣果をあげているルアーのひとつです。
障害物をタイトに狙う場合や、ショートディスタンスでのリフト&フォールで誘える場面でとても有効です!!
リフト時に掛かるバイトだけでなく
フォール時の、“コン”、と出るバイトを掛けていく釣りは、やみつきになります!!
こちらも、モデルによってフォールアクションや振動の強さなどアクションが異なりますので、
状況によって使い分けるのも楽しみのひとつですね!!

③ブレーバー5インチ
ブレーバーはとにかくオールマイティー。シーズン問わず釣らせてくれます !!
冬場は、スナッグレスネコ・ゼロダン(リーダーレスダウンショット)・ダウンショットリグなど、リグを変えることであらゆるシチュエーションに対応できます。
シャッドテールの効果も相まってか、冬場においても落ちパクBITEが圧倒的に多い!
バスの視界に入った瞬間に反応させてしまうリアクション効果が高いことを感じます。

今回使用のスタメンルアー

写真上段右側から
・スティーズシャッド54SP SR-S(ダイワ)
最近大活躍しているシャッドプラグ!!
ショートリップのSRモデルは水深1.5m位浅のエリアでとても有効で、
ボトムの堆積物を拾わずストレスなくトレースが可能です。
動きはとてもタイトで、波動も弱めですが、その分、喰わせ能力はズバ抜けています!!
無風~弱風時や、バスが浮き気味の際におススメです!

・スティーズシャッド54SP MR-S(ダイワ)
ミディアムリップのMRは、水深1.5m以深のエリアで使用します。
こちらもナチュラルなアクションとスイミング姿勢で喰わせ能力が高く、
他のルアーで反応が得られない時でも、バスを連れて来てくれる能力を感じます。

また、使用しているのはどちらも固定重心モデル(サイレント)ですが、飛距離は十分!

写真上段左側
・スーパーシャッド60SP(ベルズ)
霞水系において元祖的なシャッドプラグ
久しぶりに使ってみましたが、あらためていいですね!
体高のあるボディから繰り出されるウォブ&ロールとラトルサウンドはアピール力があり、ただ巻きで広範囲をチェックするのにうってつけ!
現在は廃盤ですが、中古屋さんでたまに売っているのを見かけますので、
霞のスタンダードシャッドを味わいたい方はぜひ(^^)

・TTMシャッド48F(アングラーズリパブリック)
こちらも廃盤モノですが、リップ先端にブラスボールが埋め込まれているアイディアルアー!個人的には、現役スタメン選手です(^^)
飛距離も出るし、ゆっくり引けて、ルアーの振動やボトムの感触を感じやすい。
冬の季節風が吹き荒れている時などに使用しています。

写真中央
レアリスシャッド59MR(デュオ)
高性能かつ、コストパフォーマンスにも優れたモデル。
キャスト時、マグネット重心移動が「スコン!」と利いて気持ちよく飛んでくれます。
タイトアクションで直進安定性も高く、ミディアム~ファストリトリーブで広範囲をチェックするのに最高のシャッドです。

写真下段右側から
・リトルマックス・5g(エバーグリーン)
国産メタルバイブの、元祖であり大定番。
先程のスーパーシャッドもそうですが、
元祖、スタンダードとなるルアーはやはり素晴らしい!
特にこの5gの強すぎないバイブレーションとスライドフォールのバランスは
オールマイティーに使え、とても完成度の高いメタルバイブです。

・オーバーライド・5g(OSP)
立ち上がりのレスポンスが良く、滞空時間の長いスライドフォールは圧倒的!
ショートキャストやバーチカルに使用しても、スライドフォールで散ってくれるので
周辺のバスにもアピールしてくれます。

・フルメタルソニック(フラッシュユニオン)
オーバーライドとは対照的に、タイトなバイブレーションでほぼストレートフォールします。
よって、“杭やブロックの穴などに対してタイトにフォールさせたい”なんて時に、うってつけ!
また、細かなバイブレーションはプレッシャーが高いエリアにおいてとても有効です。

ブレーバー5インチ 写真上から
【ダウンショットリグ】
ブレーバー5インチをハチマキ部分でカットして使用。これで、オフセットフックの#3番を組み合わせると、ワッキー掛けマーク部の肉盛りに丁度針先が隠れます。
スイベルは、糸よれ対策。スイベルからフックの長さは、20センチ~30センチ位にしておけば、
キャスティングにも対応可能です。フックからシンカー間のリーダーの長さはお好みで良いと思いますが、
自分としては、5センチ~20センチ位の間で調整しています。
シンカーウェイトは、3.5グラム~5グラム。
主に、杭などのストラクチャーで使用しています。

【スナッグレスネコリグ】
アシ・ガマ・ウッドブッシュ・杭・ハードストラクチャー(石積・消波ブロック)など、なんでもイケます!!フックは、N.S.Sフック1/0(ハヤブサ)に、
ネイルシンカーは寒い中での操作性を考慮して、比較的重めの2.2グラムをメインに使用しています。

【ゼロダン】
ゼロダンと、ブレーバーの愛称は抜群です!
ゼロダンのすり抜け性能と、ブレーバーの細身のシルエットによるすり抜け性能による相乗効果で、狭いカバーの隙間にもスルスルと入って行きます。また、すり抜け性能に優れることはワンランク軽いシンカーの使用を可能とします。自分は、5グラムのシンカーをメインで使用。フックは、今回オフセットタイプの#1/0を使用しましたが、#1番のサイズがベストであります。

最後に、
冬のバスのフィーディングタイム(活性が上がる時間)は、極めて短い時間です。

暖かい風などのプラス要因があるときは別ですが、
他の季節の様に、日中でもポロポロ釣れる、なんて事はほぼほぼ無く・・・(-_-;)

コラム前半では午後に集中の釣りをおススメしましたが・・・、
寒くとも、朝イチのフィーディングタイムはあります!!
凍っていなければ・・・の話ですが(-_-;)

逆に、釣れない時間帯は流行りの湖上カップラーメンを味わうのも、
冬のバス釣りの、醍醐味の一つでは、ないでしょうか!!(^▽^;)

これくらい、日が傾いてから連発する!!なんてことも、しばしば・・・(゚Д゚;)
この短い時間に最大限集中して釣りをすることが大切です。

スティーズシャッドで50㎝!!
夕方のフィーディングタイムに、確信のあるシャッドプラグを引き倒して、
今年初の、ビッグワンをキャッチする事が出来ました!!(^▽^;)

是非、皆さんも自分が確信を持てるルアーをやり通し、
冬の短いチャンスタイムをモノにしてください\(^o^)/

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop