NEWSMOVIE

HOME > NEWS > ニュース
2018.11.29

これで食わなければ、諦める。
マイクロピッチシェイク専用設計。食わないバスに食わせる最終兵器!
M.P.S(エム・ピー・エス)2.4インチ」が12月上旬新発売となります。

製品詳細はこちらをご覧下さい。
http://bottomup.info/products/mps24/

2018.11.29

裏地に透湿防水機能を備えた機能性素材『ZAMZA』を使用した、「BOTTOMUP 透湿防水ニットキャップ」が12月上旬新発売となります。

製品詳細はこちらをご覧下さい。
http://bottomup.info/products/bottomupknitkcap/

2018.11.26

去る11/18(日)茨城県:与田浦フィッシャーマンズパークさんにて開催されました「与田浦フィシャーマンズパーク大会」にて、ハリーシュリンプ40とブレーバー57で準優勝&ビッグフィッシュ賞を獲得された、兵頭宏耶さんよりコメントをいただいております。
 

『与田浦フィシャーマンズパーク大会 準優勝&ビッグフィッシュ賞ダブル獲得!』

霞水系ロコトーナメントを制したのは、ハリーシュリンプ4incのフリリグとブレーバー5.7incのオフセットワッキーでした!!

11月18日(日)朝から北東の風が吹き付ける11月の中旬、私の船を駐艇させてもらっている与田浦フィッシャーマンズパークのマリーナで今年最後の大会があり、前回アメドリの興奮冷めやらない中、準優勝とまたもビッグフィッシュ賞を獲得出来ましたのでレポートさせて頂きます。

最初に・・・
んっ!??与田浦にマリーナ?しかもトーナメント?そうなのです。普段はオカッパリのイメージの強い与田浦ですが、実は唯一バスボートからプレジャーボートまで駐艇できるマリーナがあるのです!

しかも2月から11月までのシーズンで色々なレギュレーションを設定した本格的なトーナメントがあります。

例えば、ハードルアーオンリーの大会もあり、与田浦内限定の大会もあり、はたまた水郷近隣のマリーナ対抗の大会まであり・・・
しかしご存知の通り与田浦には北利根・霞ヶ浦本湖へ抜ける大割水門と鰐川北浦、常陸利根川方面に出る外浪逆浦水門を通過しなければ与田浦から「外」には出られません。
又、アルミボートクラス限定しか通航できない与田浦から利根川本流に直接繋がる水門まであります。

そんな与田浦大会のスタートは、「どちら側の水門」に出るか!?が戦略のキーとなります。

北利根川のとあるストレッチだけ水温が高い!?
私が最初にバウを向けたのはこの時期、いやいや、これからの時期には必ず魚が差してくるであろうポイント、通称「水郷ボートサービス前」の縦ストラクチャー。

しかもここに着くまでの間で魚探に表示された水温は14度台に対して、このポイントに入った瞬間、水温は15度台。これからの時期、この水温わずか1度でも違うのはかなり大きい!

そしてなによりこのストレッチの特徴は、急深の絡んだブレイクとハードボトム+沈み物と縦ストラクチャー。
これは魚居るでしょう!釣れるでしょう!しかも先行者なしの貸切り状態。あとは、何でどうやってバスに口を使わせるかだけですね。

もちろん最初に投入するのは、今シーズンというより、発売されてからずっと使い続けているハリーシュリンプ4.0inchのフリリグ!そしてカラーは、バサーオールスター限定発売だった「93BKカスミスペシャル」を投入!

目に見える縦ストラクチャーに、色々な角度からショートピッチを繰り返すこと30分・・・シンカーをボトムに着底させて、ハリーシュリンプをフォールさせていると、ラインが真横に走り一気に合わせる!・・・でっ、デカイ!

慎重にネットインしたのは推定1キロ越えのヘラブナみたいな魚体のバス!コイツはヘラバスか!よっしゃー!!!! だがしかし、あと2本は捕らないと勝ちには絡めない。

その後も、同じストレッチをサイズダウンしたハリーシュリンプの3.0inchとのローテーションをさせるもバイトが遠い・・・全くのノー感じ状態・・・

この状況を打破する為に、タックルをベイトフィネスに持ち替え「ブレーバー5.7inc」で再度ショートピッチを繰り返すと・・・一気にラインが走る!これまたデカイ!明らかに1500gくらいはあるかなりの魚体。しかし、ラインが走ったのと同時に鉄パイプに猛突進されグルグル巻きに・・・気付いた時には、ラインはあっさりと切られて宙を舞っていました。

次に一旦、「水郷ボートサービス前」を休ませる為に横利根川に移動し、実績のある北利根合流部にある水門をブレーバー5.7inchでチェックすると、根掛かりか?しかし、ラインを張り続けると明確な当りが! 

キャッチ出来たのは推定500g?くらいのアベレージを捕獲。
小さいか・・・イヤイヤでもこの時期は超貴重な1本!

横利根が、思いのほか反応が思わしくなかったので再度、朝の北利根川の「水郷ボートサービス前」へ戻り、フリリグとオフセットワッキーをランダムに且つ丁寧にひたすらショートピッチのマシンガン(笑)をするとバイト!しかし乗らず・・・続け様にまたバイト!

今度はすっぽ抜け・・・明らかに魚が濃くなっている。
これは釣れる!まだ時間はある!!そして粘り続けてようやく3本目をハリーシュリンプ4.0inchのフリリグでようやくキャッチ!!

明らかにこのエリアにはONとOFFのスイッチがあり、ONの状態だとそのエリアのバス達が狂ったように餌を見つけ次第にチェイスしている様な気がする。風なのか?カレントなのか?ベイトなのか?確かな事は、ハリーシュリンプとブレーバーならばバスの口を使わせることが出来ると言う事。

厳しい展開の釣りとなりましたが、蓋を開けると今回はリミットを揃えた選手が3名だけ。そして、朝一に捕ったバスは1300gでこの日のビッグフィッシュ賞となった。

総合順位は2位で準優勝となり、結果的にはあと一歩及ばずとなりましたが、今回の試合でも信じて投げ続けた、ボトムアップの「ハリーシュリンプ」と「ブレーバー」のみで捕ったこの賞で、さらに私のコンフィデェンスを高める結果となりました。

【アメドリに続くビッグフィッシュ賞と準優勝獲得!】

今シーズンの与田浦トーナメントは、この日を持って全日程を終了しましたが、与田浦は地図をご覧になっても分かる通り、霞ヶ浦と利根川、外浪逆浦に挟まれた位置にあり、オカッパリ以外にボートオーナーとしてもその日、自分が何処に行きたいかで“どこにでも行けちゃう”メリットがあるのですが、唯一のデメリットは不定期で実施される「水門の工事」があり工事中は水門が使用できないので、工事の日程と釣行が重なってしまうと出られる方面に影響するといった所が懸念されます。

『与田浦フィッシャーマンズパーク』では、ボートレンタルももちろん出来ますし、与田浦トーナメントもビジターとしていつでも気軽にご参加できますので、是非ボトムアップのワームを持って遊びに来てください!!有り難うございました。

2018.11.22

『M.P.S(エム・ピー・エス )2.4インチ』動画公開!
マイクロピッチシェイクとは?、超細かく、異常なほどハイピッチに震える水中アクションは必見!霞ケ浦水系での実釣シーンも是非ご覧ください!!

http://bottomup.info/movie/mps24/

2018.11.13

去る11/3(土)茨城県:潮来マリーナさんにて開催されました
「2018 Kota’s American Dream」にて、
ヴァラップスイマー4.2で見事ビッグフィッシュ賞を獲得された
兵頭宏耶さんよりコメントをいただいております。

『2018 Kota’s American Dream ビッグフィッシュ賞獲得!
超ハイプレッシャーの状況下で釣り上げたヴァラップスイマーとスイムジグのコンビ』

Kota’s American Dream 通称:アメドリに参戦し続けて3年目、
毎回100艇以上の地元ロコアングラーから、各団体で活躍するプロまで、
幅広い層の参加者を誇るこの大会ゆえに、
会場となる北浦の各メジャースポットエリアには、
複数のバスボートでしのぎを削る展開となります。

当日の私のスタートは18番。
100艇以上の出場枠の中では早いほうかも!?
との思いもつかの間、メインエリアとしていた「山田ワンド」に直行するも、
やはり1級スポットのストレッチには既に複数の選手艇が・・・

声を掛けて隣に入らせてもらうも、
既に一流しされた後でこの状況では厳しいか、と思いました。
周りの選手の釣りを拝見していると、やはりこの季節という事もあり、
皆さんファーストムービング系の巻物で釣っている様子。

最初の一手として、ヴァラップスイマーのノーシンカー
を直前のプラでも導入していましたが、ノーシンカーでは「もうひと押し」が足りない。
尚且つ、山田ワンドの木枠エリアのど真ん中をリトリーブし、
要所のピンではテキサス的な攻め方もしたい。
そこで、「スイムジグ」をチョイスし、トレーラーにヴァラップスイマーをセットしました。

最初は、このタテ扁平・デルタ形状のボディシェイプをスイムジグにセットしたら、
ジグのヘッド形状やウェイトで、せっかくのヴァラップスイマー独特の
ウォブリングとローリングアクションが死んでしまうのでは!?
と思いましたが・・・見事に期待を裏切られました! 
最高です! 

ラインはナイロンの20ポンドを巻いて、
山田ワンドの超複雑な木枠内で掛けても、絶対にバスに所有権を与えさせない。

その為にあえてハイギアではなくパワークランク的な超ローギアのリールをセットし、
出来るだけスローに水面からルアーが見えるか見えないかの表層を、
“トロトロ巻き”して超ゆっくりリーディング。
そして、木枠内に対してコースを微妙に変えながら
キャストすること数投目でひったくる様な強烈なバイト!
やや強引に引き寄せたのは1660gの特大サイズ!

その後も山田ワンドで粘るも数バイトあったのみで終了・・・
どうしても捕りたい!あと2本・・・

会場の潮来マリーナに戻るまでの帰路で、
北浦本湖の全てのドックを壁打ちするドックランガン作戦へ移行。
フロントの私はハリーシュリンプ4.0inchのフリリグで、
バックシートの同船者はハリーシュリンプ4.0inchのヘビダンを導入!

すると最初のドックでさっそくフリリグにバイトが数回あるも乗らず、
やっぱり北浦のドック巡りは、
定番中のド定番ということもありかなり叩かれていると推測。
しかし暫く流していくとフリリグに待望のバイト!
そしてペアと二人で釣り上げた推定1㎏越えのバス!
まだ行ける!!あと1本!

しかし健闘及ばず 2本 2610g 10位。
ヴァラップスイマーとスイムジグで釣った1匹で、
ビッグフィッシュ賞を獲得して今年のアメドリは幕を閉じました。

普段からボトムアップのワームを溺愛して使わせてもらっており、
特にここぞ!という正念場ではいつも助けられております。

このワームなら必ず釣れる!これで釣れなかったら仕方がないと、
私の中ではコンフィディンスが出来上がっております。

また、これからもボトムアップの新製品を楽しみに使用させていただきます!
微力ではありますが、試合や各フィールドで素晴らしい釣果の際には、
良いご報告が出来ますように努力していきたく思います。 
有り難うございました!!

【タックルデータ】

ヴァラップスイマー4.2inch(カラー:ワカサギ)+スイムジグ
ROD:ゾディアス170ML-G 
REEL:クラド200PG 
LINE:ナイロン 20ポンド

ハリーシュリンプ4.0inch(カラー:カスミスペシャル)5gフリリグ
ROD:ゾディアス172ML    
REEL:レボLT
LINE:フロロ 10ポンド

2018.10.29

10月27日(土)~28日(日)千葉県香取市「水の郷さわら」にて開催されました
『Basser ALLSTAR CLASSIC 2018』草深幸範への声援とBOTTOMUPブースに
お立ち寄りいただきました皆様へ厚く御礼申し上げます。

2018.10.03

小エビサイズのリアルシェイプと繊細な挙動がタフコンディションを征す!!
HurryShrimp(ハリーシュリンプ)3.0インチ」が10月上旬新発売となります。

製品詳細はこちらをご覧下さい。
http://bottomup.info/products/hurryshrimp3/

2018.10.03

職人技が光る、最高品質のオカッパリバッグ。
アーティス2018モデル・ジェットグライドタフパッド38新色・フォールームス新色
が10月上旬新発売となります。

製品詳細はこちらをご覧下さい。
http://bottomup.info/products/artis2018/

2018.08.09

『ブレーバー50&57』のPRODUCTSページにリグバリエーションを追加しました。
推奨フックサイズや、刺し位置などをご参考ください。

PRODUCTSページは、こちら↓からご覧になれます。
ブレーバー50
ブレーバー57

2018.08.08

去る7/31(火)、千葉県:小貝川水系にて、50cmを超えるビッグバスが
「ヴァラップスイマー4.2インチ」でキャッチされました!

このビッグバスを仕留めた千葉様よりコメントをいただいております。

先日、千葉県ブンブン柏店で行われました光大郎さんのイベントに参加した際に、
光大郎さんのご好意で、ヴァラップスイマーを頂きました。

そして、翌日時間もあまり無い中、どうしてもヴァラップスイマーを試したく、
近所の小貝川水系(流入河川)にて釣りをしました。

台風通過後による影響で増水が進み、普段ならあまり釣りにならないような場所へ。
上流~下流へキャストし、流れに逆らいながら、「ゆっくり」を意識して水面直下を巻く。

そんなイメージで、①左岸側、②中央、③右岸側とキャストをする事3投目で、
小貝川水系自己最高となる50upをキャッチする事が出来ました!

フックはRYUGI 「INFINI4/0」、使用する際は少し工夫し、
ワームズレを防ぎ、より安定してアクションさせる為に、
RYUGIのTCキーパーMサイズをカットして装着しています(写真参照)

上が装着フック、下が純正フックです。
ひと手間加える事で、ワーム本来のアクションを長く継続させることができます。

ヴァラップスイマーは、コンセプト通り水平姿勢+タイトウォブ&ロールアクションでいい動きです。
まだまだ使い込んでみたくなるアイテムだと感じさせられました。

【タックル】
ヴァラップスイマー4.2インチ
ロッド: SC611M/MHRB ファイアウルフ
リール: スティーズ SV TW 1012SV-XHL
ライン: デフバスフロロ14lb
フック: RYUGI INFINI4/0 TCキーパーM

1 / 41234

最新ニュース

アーカイブ

カテゴリー

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop