COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 『初動画ロケ(本番編)』

『初動画ロケ(本番編)』

ryoya 2021.04.03

皆様こんにちは、フィールドレポーターの山口諒也です。

今回のコラムは前回の下見編に続いて、動画ロケ本番にて使用したルアーをご紹介。
https://bottomup.info/column/20210318ryoya/
(下見編はこちらです↑)

ルアーを紹介する前に、撮影日2日間の状況から紹介します。

撮影時の季節感は早春!

春といってもバスが口を使ってくれるタイミングが気難しく、良いタイミング以外は何も起こらないといった状況(p_-)

加えて、川がカーブしている外側の流れが当たりやすい岸際や、インレット&堰など、流れがとてもキーになっていました。

なので、朝一と夕方の良い時間はテンポ良く、そういった場所をラン&ガンする作戦で挑みました。

1日目は川村さんと一緒に釣り歩き。

2日目は川村さんと釣りバトル!

両日とも、川村さんにも僕にもグッドサイズが釣れ、見応えのある内容となっておりますので、公開までもうしばらくお待ちください(^^)

さて!お恥ずかしい話ですが初の動画撮影という事で…

ガチガチに緊張していた僕は、ヒットルアーの良さを皆様に知っていただきたいのに喋れず終いだったので、ここで紹介したいと思います。

 
まず、ブルスホッグ3インチのリーダーレスダウンショットリグ(撮影時は3.5gを使用)

スリットインパドルの効果により、ロッドアクション次第でアクションのバリエーションを変える事ができるのが僕好み(^^)

ブルスホッグ3インチをリーダーレスダウンショットリグで使用すると、

・カバーを撃っても良し
・ボトムをズル引きしたり、シェイクして誘っても良し
・スイミングしても良し

なんでも出来る万能リグとなります(^^)

次は、ビーブル3/8oz.

ビーブルの好きな部分は巻きやすさ!

ワイヤー部分中央に搭載されているスプリッターのおかげで、ルアーが浮きあがりにくくレンジキープがしやすい所がGood!

レンジキープのしやすさのおかげで、狙ったストラクチャーに対してルアーを通しやすく、釣果アップに繋がっております^ ^

スピナベサイトだけで無く普通に巻いても良く釣れる、タックルボックスに必要不可欠なルアーとなっております。

最後はヴァラップスイマー×アラバマリグ。
通常“ヴァラバマ”!

このリグに出会ったのは…

ルアーマガジンさんの企画『陸王2020』。
春の遠賀川戦にて、佐々木勝也プロがアラバマリグにヴァラップスイマー3.3インチをセットした釣りでグッドフィッシュを連発。

この釣りに衝撃を受けたので、実際に試しておりました。

ヴァラップスイマーならではの高速ウォブ&ロールによるナチュラルアクションと、バスがどの角度から見てもベイトフィッシュに見えるリアルなシェイプ。

これらが一本ではなく、複数本集まる事でとても複雑に見えます(^^)

更に、ヴァマストと呼ばれる釣法が個人的にもかなりキテいます。
自分はロッドをバシッ!バシッ!とテンポよく煽ってやっているのですが…

5本のヴァラップスイマーが一斉にロールアクション!これらをバスが待ち構えていそうな場所でおこなうと…

通常のルアーでは反応しないバスが飛び出してくるのです(o_o)

(ロケから数日後、実際に友人達が様々なルアーを投げ入れても出て来ず、ヴァマストのみで2キロオーバーのバスを連日キャッチしております(^^))

使用しているアラバマセッティングはこちら。

アラバマリグ:S.GIMMICK 5本(清光)
フック:ネイルボム#1/0 2.5g(デコイ)
ルアー:ヴァラップスイマー3.3インチ

フックは、バスの魚体に複数本針が刺さらないようにする為と、根掛かりを軽減させる為にオフセットタイプのジグヘッドを使用。

ルアーのセッティングは、センターフックのみバイトマーカー的にチャート色の“ゴーストチャートバック” を使用。
他4本は地味目のナチュラルカラーである“KUWASE”を使用しております。

ヴァラバマは草深さんも連日グッドフィッシュをキャッチしており、コラムに記載しておりますので是非、そちらもご覧下さい!
https://bottomup.info/column/20210316kusabuka/
(↑こちらが草深さんのコラムです)


※コラム内で紹介されているヴァラバマ水中アクション動画です!

これらのルアーと釣法は、グッドフィッシュをキャッチできる可能性があると思いますので、是非!お試しください。

(動画ロケヒットルアーズ)


  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop