COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 『TBCプラクティス、及び霞ケ浦釣行』

『TBCプラクティス、及び霞ケ浦釣行』

ishii 2019.07.31

皆さんこんにちは、フィールドレポーターの石井一樹です。

今年の梅雨は長く、毎釣行雨で辛いです・・・
個人的に雨の釣行は、服が濡れるのであまり好きではないかも(笑)

7月7日に開催予定だった『TBC利根川第3戦 ノリーズCUP』は、悪天候により延期になりました。
ですので、今回はプラクティスおよび、その後の霞ケ浦釣行の様子をレポートしたいと思います。

【TBCプラクティス】
プラクティスには3日間入りましたが、天候は全て雨・・・・
雨の影響で利根川は増減水を繰り返し、流れも速く濁りもあり、川バスの経験値の少ない私にとって最高の練習になりました。
エリアは上流から中流域で、アフタースポーンから回復中のバスに標準を絞りました。
本流の流れが少しでも避けられる場所、なおかつエビ(スジエビやテナガエビ)がいるエリアでは、バスからの反応がありました。

【使用ルアー】
ハードルアーは、バズベイト・ポッパー。
ソフトルアーは、ヴァラップスイマー3.3インチ・野良ネズミ・バックスライドホッグ。

02ビート(ブラック/シルバー) ※クラッカーは外し、音量を下げています。
トネスプラッシュ(自塗り黒カラー)

バズベイトは、水深20センチ~50センチ程度の浅いシャロー(通常水位では陸)を、早流しで使用。ボトムにオダやゴロタがあるエリアでは、下から突き上げてくるバイトが多かったです。

トネスプラッシュは、早い動きに反応しないバスを狙い、壁アシエリアのみで使用しました。
周辺をスクールでエビを探している魚へ、アシ際に落として2アクションで出なければ回収し、テンポ良く探りました。

ヴァラップスイマー3.3インチ(M014バブルガムピンクorT217ゴーストチャートバック)
野良ネズミ(カヤネズミカイ)
バックスライドホッグ(ブラック/レッドフレーク)

ヴァラップスイマー3.3インチは、オーバーハング下の表層でバイトが出ない時に、ノーシンカーリグにて水深30㎝位を泳がしてくるイメージで使用しました。
カラーは視認性が高いものを選択。最奥までルアーがしっかり到達したのが見やすい上、目で見てレンジコントロールがしやすいです。
※ロッドは66MLにラインは10lbで、ベイトフィネスリールを使用。
スピニング並に飛び、スキッピングもしやすく、カバー越しで掛けても10lbもあれば安心です。非常に使いやすいですよ!!

野良ネズミは、エビが逃げるイメージで高速アクション、バックスライド系ワームは、反転流が起きるブッシュに使用しました。

今回のメインパターンは苦手な・・・ハードベイトでなおかつ、岸際ベタベタへしっかりキャストが決まらないと反応しなかったため、キャストが上手ではない私的にかなり苦戦しました・・・。
プラクティス中は、終日エリア開拓とキャスト練習に・・・(汗)

サイズも良く数も釣れ、5匹釣ることが出来れば、6キロオーバーのウエイトを持ち込むことが出来そうな雰囲気でプラクティスを終了しましたが、残念ながら悪天候で延期になってしまいました。
次戦は9月1日、連続でお立ち台に上がれるようにパターンを見つけたいと思います!!

【2019年7月15日 霞ケ浦釣行】
翌週は霞ケ浦へ、7月末に開催予定の茨城チャプターのプラクティスへ行ってきました。
なんと・・・自分のボートを降ろすのは、今回が初めて(笑)
朝から北東の風が強く、本湖東岸エリアのみの釣りになりましたが、何とか2匹キャッチ。
広大なフィールドで魚探しは楽しいです!

一匹目は、石積みエリアにてイナッコが沢山いるエリアがあり、ますヴァラップスイマー3.3インチ(T217ゴーストチャートバック)ノーシンカーを石積みの角へキャスト。

ルアーが見えないギリギリの水深をトレースするもバイト無し。
ビーブル(S402ホワイトチャート)に変更し、同じコース&水深をトレースすると、すぐにキャッチすることが出来ました!
多少濁りがあったため、アピール力の強いスピナーベイトに変更したことが良かったと思います。
また、人が流した後でもすぐに釣れるのは、今までにないスプリッターによる横揺れにより、バスの捕食スイッチが入ったと思います。
ビーブルは引き抵抗がしっかりと感じられるスピナーベイトで、しかも、レンジコントロールがしやすいですね!もっと使い込んで、よりルアーの性能を理解したいと思います。

2匹目は沖の消波ブロック帯エリアで、ハリーシュリンプ3インチのショートヘビダンを使い、消波ブロック帯が見えなくなるまでの間丁寧に誘い、エンド部でキャッチすることが出来ました。
シンカーは5g、リーダーは5cmで、カラーは大好きな「T213スモーキークローダット」です。

最近お気に入りのショートヘビダン。食わせもリアクションもどちらにも使え、しかも通常のヘビダンよりも根掛かりも圧倒的に少ないです。
使用するラインの太さも8lbあるのでアシ際や薄い浮きゴミなどのライトカバーも、このリグでアプローチ出来てしまう優れもの!是非お試しください!!

最後にTBCの先輩 斧田様より、プラクティス中にビーブルを使用して沢山のバスをキャッチ出来たと教えて頂きましたのでご紹介させてください。

下記にてコメントを頂きました。

利根川本流、及び支流でイナッコの群れが表層に居るエリア。
水深は1m迄、ブレイクのはじまる付近でイナッコが泳いでくるのを待ち構えているバスを、ビーブルを使用して釣りました。

表層系ルアーやボトムノックするルアーには反応しない、ブレイク周辺にいるバスの目線より少し上を通すイメージでビーブルを使用し、バスのスイッチを入れて多数キャッチしました。
タダ巻きで釣れ、レンジコントロールがしやすいビーブルは最高です^-^

【タックル紹介】

・ヴァラップスイマー3.3インチ
 ロッド:オンリーワン オリジナル 66ML
 ライン:DUEL HARDCORE T7 10lb

・ビーブル
 ロッド:スティーズマシンガンキャストタイプ1
 ライン:DUEL HARDCORE T7 14lb

・ハリーシュリンプ3インチ
 ロッド:オンリーワン カスタム 67MR(デジーノブランクス)
 ライン:DUEL HARDCORE T7 8lb

・バズベイト
ロッド:オンリーワン オリジナル70Mコンポジット
ライン:DUEL HARDCORE T7 16lb

・野良ネズミ
ロッド:オンリーワン カスタム 61L+(デジーノブランクス)
ライン:PE1号

・トネスプラッシュ
 ロッド:オンリーワン オリジナル66M
 ライン:DUELカーボナイロン16lb

・バックスライドボッグ
 ロッド:オンリーワン カスタム66M+(デジーノブランクス)
ライン:DUEL HARDCORE T7 16lb

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop