COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN
ryoya 2019.07.17

皆様こんにちは、フィールドレポーターの山口諒也です。

7月7日に遠賀川にて開催された、ルアーショップロッドマンさん主催の「オカッパリ大会 第5戦」に参戦してきました。

仕事の都合でプラクティスに入れたのは、大会前日の夕方2時間程。

スポーニングを終え体力も回復したバスは、よりエサと流れに対する意識が高くなる季節。
今年の遠賀川のバスは行動範囲が広く、常に動いている印象でした。

大会当日は、参加者のほとんどが競技エリア上流域の流れのある場所を目指すであろうこと。
そして、今の遠賀川はデカいバスを釣るのが難しい状況なので、ローウェイト戦になることを予想していました。

僕は、状況次第でポイント移動を前提とした上で、バスのメインベイトになっているであろうエビを、多く目視出来る下流域の水門をメインとし、サブとして、流れの当たっている消波ブロック帯を考えていました。

プラクティスでは、メインである水門へ足を運ぶと、数バイトを得ることができました(^^)
そのうちの一本を掛けてしまいましたが、魚のウエイトも確認できたので、当日はこのポイントに入る事を決めました。

ブレーバー5.7インチの1.8gスナッグレスネコリグ。
カラーはBUミミズ!信頼度の高いカラーとリグです(^^)

この後は無理に魚を釣らないよう、帰宅しました。

そして、大会当日。
参加者は115人もいました!

6時30分 スタートと同時に下流域の水門へとダッシュ!
予想通り、大会参加者のほとんどが上流へと上がっていきました。

道中、僕の前後を歩く参加者は一人しか見えなかったので、水位を測るポールに枝が引っ掛っている場所へ立ち寄ることに。

ここも流れが直接当たるスポットですので、朝イチは外せないと思い、一投だけブレーバー5.7インチ1.8gスナッグレスネコリグを入れると、フォール中にラインが走り出し、フッキング!

推定600g程の魚が上がってきましたが、針を飲んでしまい出血が多く、デッドの可能性があったので、介護の末リリースすることに・・・

気を取り直し、メインの水門へ!
しかし、水門内の状態が前日とは大違い・・・

ドロっとしたヌメりのある水が水面を覆い、エビの姿も少なく、生命感が感じられません・・・
一応気になるピンスポットにプラクティスで釣れたブレーバー5.7インチ 1.8gスナッグレスネコリグを投げてみるも、ノーバイト・・・

周辺をポッパーやダウンショットリグで2時間程探っていると、水面にあった枝や枯葉が水門の外へと流れ出し、川全体に流れが出たことに気づきました。

タックルを持ち、ダッシュでサブエリアとして考えていた、流れの当たる消波ブロック帯へ移動!

ハリーシュリンプ4インチの直リグ(7g)、カラーはまさにエビな「モエビ」をチョイス!
穴撃ちを開始すると、すぐに反応が返ってきました(^^)
推定600gをキャッチ!

水の動いている間に何とかもう一本追加したいと思い、消波ブロック帯の下流にある水道橋の橋脚に、ブレーバー5.7インチ 1.8gスナッグレスネコリグ 、カラーは信頼度の高いBUミミズをチョイス!

上流側から流れに乗せて送り込んでいくと、ラインが沖に走り出したのでフッキング!
丁寧にやり取りをして、推定800gをキャッチ(^^)

残り時間も少なくなり、帰着に間に合うように大会本部へ戻りながら釣りをする事に・・・
その道中、沖に張り出した消波ブロックが目につき、魚が浮いていそうだったので、ハリーシュリンプ3インチにマス針をチョン掛けした、リーダー10cm程の5gダウンショットリグをスイミングでアプローチすると、「クッ!」と押さえ込まれるバイト!

キープしている魚よりも、明らかにウエイトが軽いと判断し、リリース。

この後も少し粘りましたが、反応はなく、帰着となりました。

ウエイイン後、上流域に行っていた参加者の方々が続々と帰着したので、ソワソワしながら眺めていました(^^)

そして、結果発表!

2本1340gにて、3位のお立ち台に登ることができました(^^)

1位の方は1本1900gのBIGフィッシュを釣られていました!
おめでとうございます(^^)
2位の方とは20g差で負けてしまい、残念・・・

これにて、ロッドマンオカッパリ大会の半分が終了!
年間ランキングは・・・

4位へとジャンプアップ!

最後に、今回釣れたリグについて(^^)

上から
ハリーシュリンプ3インチの5gダウンショットリグ
ガード付きマス針 #1/0を使用している理由は、マス針を使用する事により、
オフセットフックでは出ないウネウネとした動きが出るためです。
スイミングなどで誘う時はこのリグがオススメです(^^)

ハリーシュリンプ4インチの7g直リグは、穴撃ちのしやすさと、引っ掛けて誘う時の水平姿勢が
Good!消波ブロックやカバーでのアプローチにオススメです(^^)

最後に、ブレーバー5.7インチ 1.8gスナッグレスネコリグは、カバーからボトムの変化を釣る釣り、そしてピン撃ちまでこなす万能なリグで、僕の強い味方になっております。

それでは、次戦以降も頑張って挑みたいと思います!

ryoya 2019.07.12

皆様こんにちは、フィールドレポーターの山口諒也です。

ようやく九州にも梅雨が訪れました!
それまでの間、遠賀川は異例の減水状態が続いており、僕自身初めて見る光景が広がっていました。

とはいえ、僕は普段オカッパリがメインなので、楽しみな部分もありました。
なぜなら、いつもは隠れている消波ブロックやゴロタ石などのストラクチャーを、実際に目で見て確認出来るからです!

またとない機会に心踊らされました(^^)

(前回のコラムで良く釣れていた堰付近の川底には、沢山の消波ブロックやゴロタ石が沈んでいました。)

この様な地形の変化を見れるチャンスは滅多にありませんので、しっかりと写真に収めました(^^)

さて、そんな減水中の遠賀川、厳しくなる一方かと思えば、良く釣れた印象です。

大減水をしていた6月3日は、夕方2時間ほどの釣行で、ブレーバー5.7インチの1.8gスナッグレスネコリグで48cmを頭に3本を消波ブロックにてキャッチ!

バイトも多く、その全て釣る事は出来ませんでしたが、減水傾向にあったため、水深のある消波ブロックに狙いを定めた事が正解だったようです(^^)

そして、この魚達が釣れた4日後に雨が降り、増水、そして流れが発生。
ここぞとばかりに、前回釣れた消波ブロック帯の上流にある堰に足を運びましたが、まさかのノーバイト・・・ 急いで、流れの当たらない堰周辺の避難エリアとなる水路へ・・・

見えている魚に、ブレーバー5.7インチの1.8gスナッグレスネコリグを、
近くにあった枝に引っ掛けて誘うと、すんなりと口を使ってくれました。

続いて

水路を上って行くバスに、ブルフラット2インチ(deps)の3.5gダウンショットリグをフワフワとスイミングさせてくると、52cmのビッグバスまでキャッチできました。

この日は雨による増水と流れの強さが増した事により、魚達が水路へと避難してきていました。エリア選びを間違えてしまうと、ハイシーズンであろうとノーフィッシュもあり得ますが、逆に正解を引き当てる事さえ出来れば、良く釣れた印象です。

もちろん、エリア選択だけでなく、ルアーの操作も丁寧に・・・

【ルアーはSTEEZポッパー70F(ダイワ)】

例えばポッパーであれば、今はまだ速いドッグウォークにはバスが出ても乗らない事も多く、ゆっくりと誘い、出そうなスポットでは長めのポーズも入れています。

これから暑くなるにつれて、水門、水路、流れ込み周りなどの、水が動き酸素量も多いエリアは魚影も濃くなります。
これらのスポットで多用するルアーを挙げると、

写真左側
・ビーブル3/8oz.
・STEEZポッパー70F(ダイワ)

写真右側
・ヴァラップスイマー4.2インチ(ノーシンカーリグ)
・ハリーシュリンプ4インチ(5gテキサスリグ)

引っ掛かりなく通せるならハードルアーから入り、
カバーに絡めて誘う場合はワームを使用するといった感じで、シンプルに使い分けています。

そして、真下にルアーを落とし込む事が多い水門や、流れ込みに関しては、

写真上から
・ボムスライド4インチ(ガンクラフト)
・ハリーシュリンプ4インチ(バックスライドセッティング)
・ブレーバー5.7インチ(1.8gスナッグレスネコリグ)
・4.7gコンパクトジグ+ハリーシュリンプ3インチ

写真の上から2つ、バックスライドセッティングのボムスライドとハリーシュリンプは、流れて落ちてきたエビやザリガニを演出!
ブレーバーはミミズをイメージしてアプローチしているため、カラーもそれに合わせています(^^)

良く釣れますよ!(^^)

さらに、ブレーバーはスイミングさせたときのアクションも良く、ボディをウネウネしつつシャッドテールはピリピリと震える動きにたまらず追いかけてきてパクリ!なんて事も・・・
カバーを撃ちつつ、その周りも探りたい時に効果的です(^^)

ここ最近は、ブレーバーの適応力の高さを再認識しています(^^)

ラバージグは水が濁っている場合に多用しますが、水門や流れ込みは誰もが狙うので、スレた魚でも食ってくれるよう、コンパクトなジグにハリーシュリンプ3インチの尻尾をカットしてセットします。

最後にもうひとつ、これからアツくなりそうな釣りを紹介させてください!
堰や流れのある浅瀬などで、ハスやオイカワなどの大きめのベイトフィッシュを追っているバスに対して・・・

STEEZスプーン1/2oz(ダイワ)のシェイク引き!

不規則にフラッシングしながら泳いでくる様は、バスに追われて逃げ惑うベイトフィッシュにソックリ!

シェイク引きをすると水の抵抗を受けて浮き上がり、水面下を泳ぎながらたまに水面を飛び出す・・・そこもまたベイトフィッシュに似て良い動きだなと思っています。
魚の反応も鋭く、引き波を立てて追いかけて来るや否や、ロケットの様にアタックしてきます!

このバスは一度ミスバイトしたにも関わらず、もう一度スプーンめがけて突っ込んできました!
このスプーンの釣りは、これからさらに追及していきたいと思っております。

皆様も是非、状況に応じたアプローチで沢山のバスを釣って下さい(^ ^)

kusabuka 2019.07.10

草深です。
7/7(日)開催予定だったW.B.S.第4戦は悪天候で中止となってしまいました。
プラクティスとガイドでは安定して釣れていたので残念。
でも、台風以外でこの大風は久しぶりって言うぐらい吹いたので致し方ないですね。
安全第一で釣りをしなくてはいけませんから。

霞ケ浦は、梅雨真っ盛りなタイミングに入っていますが、ここ数週間は冷たい雨と北寄りの風が吹く日が多く、晴れて暑い日も少なくて例年より水温が低いのでバスの活性も低め。
梅雨の合間の晴天の日や、曇天で蒸し暑い日にはトップで釣れていますが・・・

最近、安定して釣れているバズベイト「ボルケーノグリッパー」。

フロッグは「ミクラ」のクリアカラー。エビっぽく見えるのがGood!!

その中でも天候に左右されず、ハリーシュリンプ4インチのネイルシンカー入り、又は糸オモリを巻いたリグが釣れています。

バックスライドさせる場合はストレートフック#1/0から2/0 私が使っているのはガマカツの「フィネスヘビーカバーフック」#1です。サイズは#1表記ですが一般的なストレートフックだと#1/0と2/0の中間ぐらいになります。

もう一つは、以前のコラムでもフィールドレポーター佐藤賢一郎さんが紹介しているデコイ「NKフック」#1です。
こちらはオフセットタイプになり、ストレートフックより弱い力でもバスを掛けることができるので、MLクラスのロッドで10lb.のラインを使用することも出来ます。糸ヨレ防止のスイベルが付いているのもGoodです。

フィールドレポーター佐藤賢一郎さんコラム↓
https://bottomup.info/column/20190508sato/

 

プラクティス中にKさんもハリーシュリンプネイルリグで
 

風が弱い日は、沖の浚渫跡でコンディションの良いバスが釣れます。
こちらはイナッコを捕食しているので、ルアーはヴァラップスイマー3.3インチの巻きキャロです。

リーダーを70㎝ぐらいとり、シンカーは14g前後を使用します。
ロングキャストしてボトムを感じながら、リールをゆっくりと巻くだけです。
コリコリとハードボトムにシンカーが軽く引っ掛かりながらも、外れるシンカーウエイトを選ぶと良いです。
フリーリグなどで使用するナス型のリングタイプのシンカーを使うと、シンカーが石の隙間などにハマりずらく、根掛かりしにくいので最近はこちらを使っています。

バイトがあっても直ぐにあわせず、そのままリールを巻き続けてラインが張った状態になったらあわせてください。早あわせは禁物です。

オカッパリからだと、北利根川の横利根川合流地点付近の斜め護岸などでは効果的ですので是非お試しください。

【タックル】
〇ハリーシュリンプ4インチ バックスライドリグ
BL SG 681MH/MFB(ダイワ)
スティーズCT SV TW 700XHL(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター13lb.(ダイワ)

〇ヴァラップスイマー3.3インチ、ヘビーキャロライナリグ10、14、21g
スティーズストライクフォース721MH/HXB-SV(ダイワ)
スティーズリミテッド8.1L(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター14lb. (ダイワ)
リーダーフロロ10lb.

〇ボルケーノ グリッパー(ノリーズ)
BL LG 6101MHFB(ダイワ)
リョウガ1016H(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター16lb. (ダイワ)

〇ミクラ(ディープフォレスト)
エアエッジ661MHB(ダイワ)
ジリオンSV TW 1016XXH(ダイワ)
UVF フロッグデュラセンサー×8+Si2 53lb. (ダイワ)

kawamura 2019.07.08

こんにちは、川村です。
ここ1ヶ月間で釣りをしたフィールドは、府中湖(香川県)・波介川(高知県)・霞水系(茨城県)・高滝湖(千葉県)・小野湖(山口県)・牛久沼(茨城県)・長門川&将監川(千葉県)
・・・よく1ヶ月でこんなにアチコチ行ったな~(^-^;

 
府中湖へは、5代目からの歴代陸王が集っての“陸王レジェンド”

金森隆志・木村建太・青木大介・伊藤巧という最高のメンツが集い、火花を散らしました。
勝てるとすれば、コレしかない・・・自分にとって現状唯一アドバンテージがあると思える釣法をメインに挑みました。
対戦を終えてからのそれぞれの戦略は、自分の想像にはない唸らされるものでした。公開は早くて年末か?

また、対戦翌日は地元のSHO君と釣りをし、その実力と熱意を知れたことも収穫でした(^^)

 
波介川へは、つり具の岡林土佐道路店主催のオカッパリ大会にゲスト参加

フィールドは自由というルールながら(もちろん釣り禁止は厳守)、僕は土地カンのある波介川へ。
状況を掴むまではノーバイトタイムが続きましたが、インレットの中層をスモラバ+M.P.Sでシェイクしながらスイミングさせると食ってくることが分かると、インレットごとに釣れるハイペースとなり、お昼までに46㎝を頭に10バイト7キャッチ!
優勝者は49㎝、2位と3位は48.5㎝と接戦でした。
チャリンコで参加する学生や熱心なアングラーも多く、末永く続いて欲しい大会でした。
翌日も1日残り、土佐道路店のスタッフTさんと釣り!高知のフィールドを堪能させていただきました(^^)

 
霞水系へは、DVD『陸魂マニアックス8』の撮影

次作は、僕が武器とするスナッグレスネコリグやリアクションキャロなど、ちょっと特殊な使い方をするリグに焦点を当て、マニアックに掘り下げます。
涼しい天候が続いていたせいかバスが広範囲に散っている印象で、浅いレンジをゆっくり引けるヴァラップスイマーのノーシンカーリグがもっとも有効でした。
また、久しぶりにやり込んだ“リアクションキャロ”の効果をあらためて実感した次第。
この時期としては数はイマイチでしたが、サイズはGoodでしたよ!
まだ別フィールドでの撮影も控えておりますので、好評をいただいている前作に負けない内容になるよう尽くしてまいります!

 
高滝湖へは、ルアーマガジン定期購読者を抽選でガイド

土日の2日間にて、2名をガイドさせていただきました。
日ごろガイドサービスは行っておりませんので、僕にとっても初体験ゆえちょっと緊張(^-^;
ぜひスピナベサイトをマスターしてもらいたい!と意気込むも、涼しすぎるせいかバックウォーターに見えバスが少なすぎる(*_*;
少ないチャンスながらも、お二方ともビーブルでグッドサイズを仕留めてくれ、ガイドの醍醐味を知った次第です。
その時の様子は、ルアマガプラスにて掲載していただいております。
https://plus.luremaga.jp/_ct/17283520
https://plus.luremaga.jp/_ct/17283620

 
小野湖へは、釣りビジョン『follow my F』の撮影

“地元超え”なる目標を設定して挑む番組で、いつもガイドなしのぶっつけ本番ですが、今回は地元のガッツさんが駐車位置の案内をしてくださり助かりました。
その際、地元超えに相応しいサイズを伺うと、ボート大会でのビッグフィッシュが50~51くらいとのことで、50アップに設定!
小野湖は最近不調とのことで「釣れて2本」とのことでしたが・・・攻略のヒントを掴んでからは一気に地元越えに迫っていきます。
バスはいないようでいる?捕食のスイッチが入る着水点と巻き始めにキモがありました。

初回放送は、7/16(火)22時の予定です。釣りビジョンが観れる方はぜひ!

 
牛久沼へは、H-1グランプリへの参戦

暫定年間1位で挑んだこの大会は、“鬼門”とされる牛久沼。
毎年ウエイン率は1割ほどだそうで・・・逆にいうと、釣れば下位を引き離すチャンスでもあります。
が・・・2日間のプラクティスでバイトはダイナモバズ(HMKL)に1回のみ。
向かえた本戦、スタートしてすぐにチャンス到来!
水際に生える木がオーバーハングし、その前にガマがパラつくスポットへビーブル(パーチ)を入れると、巻き初めに50を超えているかもしれないデカバスがもんどりうって出るも、なんと空振り~(T_T)
バスが出たところをよく見ると、ガマの中に杭が隠れていました。針に掛かっていないので3度入り直しましたが、それっきり・・・
その後はヘラ台の横と、雨水が放水されている水門で2本釣れてくれるも小さく・・・

暫定年間1位を70g差でオリキンに明け渡すこととなりました。
全体的には119名の参加者中ウエイインしたのは28名。下馬評よりは釣れていたものの、それでも90名はノーフィッシュ。
上位を占めた牛久沼ローカルアングラーによる話は底なし沼のように奥深く感じた次第です。
この大会を制した越川晴彦選手はカバーの中で誘えるハードベイト“沼海馬(痴虫)”でグッドサイズを2本仕留め、2.870g!
フロッグのようにカバーの中を撃てるハードベイトによる攻略でした。

 
長門・将監川へは、TSURIKO『マップコータロー』の撮影

マップコータローは、下見なしで初日オカッパリ、2日目はボートで挑みます。
長門・将監川はオカッパリでは経験があるも、ボートは完全に初です。
エレキのみの機動力では全域を周ることは不可能ゆえ、オカッパリをしながら目星をつけていきます。
しかもボートの日は雨天強風・・・安全優先にて、釣りができるエリアは絞られました。
が・・・高い水位と雨水による流れと濁りがストロングパターンを生み、ドハマリの展開へ・・・!!
5本のウエイトはこのフィールドにおけるMAX近くに達したと思います。
TSURIKOは今年スタートした有料(月額¥980)の釣り動画・情報サイト。契約されている方はぜひご覧くださいませm(__)m

 
駆け足での近況報告でしたが、これらの釣行で特によく釣れたルアーを挙げてみると、ビーブル・スティーズポッパー70(DAIWA)・ダイナモバズ(HMKL)・ヴァラップスイマー3.3&4.2ノーシンカー・スモラバ&M.P.S・ブレーバー57スナッグレスネコリグ。
トップ~浅いレンジを有効に誘えるタイプと、この時期にエビやザリ、そしてベイトフィッシュも集まる水門やインレットでの食わせに長けるタイプ。
そして見えバス攻略にスピナベサイトですね!これらのルアーやリグは、引き続き活躍してくれるはずです(^_-)-☆

梅雨時期らしい天候が続きますので、足元の滑りや強まる流れに十分に気をつけたうえ、バスフィッシングを満喫してください(^^)/

kawamura 2019.07.05

こんにちは、川村です。

パーツへのこだわり、最後はアームについて・・・

アーム形状によって左右されるのが、スイミング姿勢です。
ほとんどのスピナーベイトが程度の差はあれど、ヘッドとフックが斜め上を向く“立ち泳ぎ”になります。
水平姿勢にすることは容易で、アームから繋がるヘッドの角度を起こすことで実現します。
古くは25年以上前にTIFAから発売されていたブルドッグスピナーベイトが、水平姿勢スイミングを最初にうたったモデルかもしれません。

(画像提供/Basser)

立ち泳ぎがキツいほど、見た目には不自然。
スカートは真後ろ(水平)になびくのですが、上を向くヘッドとの一体感がなく、フックがスカートからハミ出て目立つものもあります。

一方、水平姿勢で泳ぐスピナーベイトは見た目に美しい!
本物の小魚も水平姿勢で泳ぎますし、スカートの中にすっぽりフックを隠してくれるので、こちらのほうが明らかにナチュラルです。

しかし、立ち泳ぎにも利点はあります。
斜め上方向に引かれるラインに対して、針先の向きも近い方向に向くほどフッキングパワーをロスしにくいことと、バスの口に対して針先が立つことでノリやすく、深い角度で刺さりやすいからです。

ようは程度の問題で、ナチュラルな視覚効果とフッキングの良さを両立した姿勢こそ理想的だと考えました。
自然なフォルムで泳ぎながら、スカートの中に隠れたフックが若干上を向く。
ビーブルはこのスイミング姿勢になるよう、アームの角度を調整しました。

アームの長さは、ヘッドの角度を起こし気味にすることで縮まるアームとフックとの距離感が近くなりすぎないよう(アームがバイトの妨げにならないよう)、そして、スプリッター・フロントブレード・リアブレードそれぞれがしっかり水を掴む距離感を保ちつつ、全体的なシルエットは極力コンパクトにおさめました。
同じ重さならコンパクトなほうが投げやすく、また、シビアな状況にも強いからです。

ワイヤーの太さは0.8ミリ。
一般的な太さですが、硬質な素材を選びました。
軟質な素材と使い比べた結果、より明確なバイブレーション感(引き心地とスカートの躍動)を得られたからです。

余談ですが、このワイヤーの太さは、ウエイトやブレードの抵抗感によって吟味する必要があると感じており、今後のウエイトやサイズ展開によっては、異なる太さが最適になるモデルもあるはずです。

 
3回にわたってビーブルに込めた各パーツへのコダワリを紹介させていただきました。
スプリッターがスピナーベイトとしての性能を押し上げてくれたことは確かですが、全てのパーツに最善を尽くし、ベストバランスを追求して仕上げたのがビーブルなのです。
フィールドで、その違いを実感していただけましたら幸いです(^^)

kawamura 2019.07.01

こんにちは、川村です。

ビーブルに込めたコダワリ。
今回はボディ、すなわちヘッド・フック・スカートについて語らせてください!

【ヘッド】
初期プロトは鉛を手削りし、シェイプを煮詰めていきました。

求めたのは・・・

・モノに接触したときに突っかかり過ぎずに抜けてくること。
アームからの繋がりを段差なく滑らかにすることで、ウッドカバーや岩などに擦っても「ガツッ」とつまづかずに「スルッ」とかわしてくれるスリ抜けの良さと、“釣れそうな抜け方”をするタッチ感を狙いました。

・高速リトリーブでもバランスを崩さず、着水直後やモノをかわした直後の復元が早いこと。
背中側は細く、お腹側はプクッと膨らませた涙型の断面にすることで低重心化。
スイミング姿勢を安定させるのに有利なシェイプです。

・小魚っぽい見た目であること。
上記の条件を満たしたうえで、小魚っぽいシェイプ。
そしてアイ(目玉)にもちょっとこだわり、白目の面積が広い、本物に近いものを選びました。
水槽で見ると、目玉ってけっこう目立つんですよ!

【フック】
・トレーラーフックなしでも掛かりが良く、それでいて、つけても違和感のないシャンク長であること。

これは特に大事な要素として吟味しました。
ショートシャンクなフックはトレーラーフックとの相性は良いですが、トレーラーフックがないとスカート後方をついばむ“テールバイト”をロスする確率が高まります。
スピナベサイトでよく目撃する食い方です。
逆にロングシャンクだとテールバイトに有利ですが、トレーラーフックを付けたときにスカートから出過ぎることで不自然に目立つうえ、カバーに引っ掛かりやすくもなります。

ビーブルのフックはトレーラーフック無しでも掛かりが良いことを絶対条件としたうえで、トレーラーフックを付けても違和感のなく使えるフックサイズです。

・必要な強度を満たしたうえで、貫通性能が高いこと。
すでに相当数釣ってきていますが、今のところ伸びたことはありません。
必要な強度は満たしたうえで、巻き合わせでもしっかり刺さる、貫通性能の高さもスピナベフックでは大事です。
小さめのバーブ(カエシ)含めシャープな針先と、より少ない力で刺さってくれるフッ素コート加工も施してあります。
そして、極々わずかに・・・ですが、針先が内側を向いています。
これは、フッキング時にアームが開くことでフッキングパワーが逃げるところ、そのパワーロスを防ぎつつ刺さり込む形状です。

【スカート】
・躍動感あるなびきを生む最適な太さと、弾力のある質感。

スプリッターが振動しても、スカートの太さや硬さが合っていないと躍動的なアクションは衰えます。
細すぎず太すぎず、弾力に富んだスカートを選定しました。

・よりスカートを躍動させるタイイング方法
内側のスカートはカットし、水受けとフレア性能に優れる外側のみを採用しています。
スプリッターの振動を最大限に生かす、より艶めかしくスカートを躍動させるタイイングです。

・実践的なカラー
といいつつ、まだラインナップ的に不足しているとは感じていますが・・・少しずつ充実させていきたいと思っておりますm(__)m
各カラーへのコダワリは、コチラ↓に記載させていただきました。
https://bottomup.info/products/beeble/

スピナベサイトの影響か、本来であれば不人気なスモーク系カラー(スモーキンシャッド)が現時点で一番人気なのは意外でしたが・・・
チャート系で再現したかったカラーが、シャロークランクで必須なブラウンバックチャート。
K.O.チャートはコパーブレードと相まって、強すぎない、地味チャートとしてこしらえました。

パーチも派手さを抑えたチャート系で、こちらは4色巻きにすることで、スカートの躍動によってより複雑な視覚効果を生みます。
ブレードカラーもそうですが、よりハイプレッシャー化が進んだフィールドにおいて必要性を感じていたカラーを入れています。

そうそう、「ビーブルはスピナベサイト用ですか?」と聞かれることがあるのですが、全然そんなことはありません!
バスが見えていてもいなくても、より食っちゃうことに変わりはありませんから(^_-)-☆

chiba 2019.06.28

皆様こんにちは。
フィールドレポーターの千葉陵平です。
今回は、千葉房総の「三島ダム」への釣行について書こうと思います。

僕自身、房総ダムでの釣行はほぼ経験が無い素人です。
そこで、房総出身のフィールドレポーター石井一樹さんに同行頂き、三島ダムを楽しもうと計画しました!!

しかし・・・到着して出船した途端・・・

正直泣きたくなるぐらいの雨でした(笑)日頃の行いが悪いのか・・・

まぁー落ち込んでもいられないので、釣りを始めることにしました。
とりあえずダム湖全域の状況は見たいなと思い、はじめに川筋の上流を目指しボートを進めました。

水深のあるエリアの釣りは時間もかかるし難しいので、上流域の水深1m〜2mぐらいのエリアからスタート。
朝一は、朝パワーを借りてBeebleで手広くサーチ。

早速、バックシートの石井さんがヒット!本当に簡単に釣られてしまいました。
推定40cm、表層付近をゆっくりトレースしてきた時にバイト!!

まぁー流石の一言です。

その後も負けじとBeebleを巻き続けましたがバイト無し・・・
そして、またしても石井さんに!

バックシートから、ヴァラップスイマー4.2インチをBeebleと同様に表層付近でゆっくりトレースしていたところへバイト!

この2匹をヒントに思った事は、「普段と同じ様な釣りでいいんだ!!」と・・・
利根川と同じくシャローをリズム良く撃って・巻いての釣り。
ほぼ経験の無いフィールドで何も分からない状況の中、僕自身色々難しく考えすぎていた事を痛感しました(笑)

そして今回は、ローライト効果も有ったのか巻きの釣りの反応が良かったです。
ヴァラップスイマー4.2インチのノーシンカーリグで三島バスをキャッチ!!
そして、プチラッシュがきました!

シャローフラットエリアの表層付近をゆっくり巻いてくるとヒット!
沈むオダをかすめるようにトレースするとヒット!
バイトシーン丸見えで2本キャッチ!!
ここからは、バイト丸見えが頭から離れず、ひたすらヴァラップスイマーを巻き倒しました。

そして最後は、この方。

同船者のロッドを使って釣る・・・よくあるやつです・・・
ブレーバー57 BUミミズ 1.8gのスナッグレスネコリグ!

この魚を最後に終了しました。

釣りをしている最中に崖付近では落石も見かけました。
今回は雨により地盤が緩んでというのもあると思いますが、日頃の釣行時の際も充分注意しましょう。

【千葉 使用タックル】
Lure:ヴァラップスイマー⒋2インチ
Rod:ロードランナーHB600M(ノリーズ)
Line:RESIST NYLON 12lb.(山豊テグス)

【石井 使用タックル】
Lure:Beeble、ヴァラップスイマー4.2インチ
Rod:オンリーワンカスタム 66M (デジーノブランクス)
Line:RESIST NYLON 14lb.(山豊テグス)

ヴァラップスイマー4.2インチのカラーは、T214アユをメインに使用していました。
手持ちがなくなりその後は、T217ゴーストチャートバックに変更。
雨のせいで若干の濁りがあったという事と、視認性を良くしたいのでこのカラーを選びました。

フックは、RYUGI INFINI(インフィニ)4/0、フッキング重視で考えると僕はこのフックを選択する事が多いです。
太すぎず、細すぎず貫通力も良し!!更に強度も十分な点が理由です。
そして、ラウンドタイプのスナップをつける事で、自由度が増しルアーの動きがより自然になります。※今回は1号スナップを使用
最近は、このスナップを使ったヴァラップスイマーを多用しています。

是非、皆様も試してみて下さい!!
表層直下でバイトシーン丸見え!!病み付きになる釣りですよ。

kusabuka 2019.06.26

草深です。
前回のコラムで、霞ケ浦水系の季節進行が何かおかしいと話していましたが、いよいよスポーンから回復したバスが喰いだした感じがします。
と言っても簡単に釣れる場合もありますが、エリアと釣り方がマッチしないとノーバイトということも・・・

まずは良いエリアの見つけることが重要です。
スポーンニングからそう時間が経っていないので、その近辺を狙うのがセオリーです。
特にこの時期の霞ケ浦水系では、テナガエビが産卵で浅いところに上がってきます。
ちょうど、スポーンニングを終えたバスがまだシャローにとどまっているタイミングとかち合い、バスはテナガエビを偏食します。

テナガエビは、なかなか見つけることは難しいと思われがちですが、バスとテナガエビの両方がいるエリアでは、高確率でテナガエビボイルに遭遇します。
水面をエビが‟ぴょんぴょん”跳ねたりして、バスに追われていることを見掛けることがあります。それが今の時期、最も釣れるエリアの合図です。

バスはテナガエビが居ても、常に捕食するわけではありません。やはり、何かのきっかけでスイッチが入った瞬間に喰います。
スイッチが入っていない晴れの日は、アシ際のエグレや石の陰に隠れていることが多いです。
この位置に居るバスに対しては細かいエビの動きを演出できるハリーシュリンプ4インチバックスライドリグの反応がスコぶる良いですよ‼

スイッチが入っていないバスは結構セレクティブでルアーを見切ります。
ハリーシュリンプのフォールアクションは脚が細かく動き、腕は左右にスイング、水平姿勢で無防備に漂うテナガエビエビを演出してくれます。
フォールで喰わなくても、興味を示したバスには軽いトィッチをしてあげると、テールのウチワ部分が水を押し、バスにスイッチを入れてバイトさせます。

フックセットは動画を参考にリグってみてください‼
最近は写真のようにゲイプ部分に糸オモリ(写真赤矢印参照)を少し巻き、低重心化させることで着水時にワームがひっくり返らず、キレイにフォールさせることが出来るのでおススメです。

雨の日や曇りの天気の場合はバスも活性も高く、ウロウロとシャローを泳ぎ回っていることが多いです。
その場合は、手返し良く広く探るのにビーブルで攻めます。
水深50㎝ぐらいの浅いレンジを引いてくるので、ロッドを立ててリトリーブさせると根掛かりも回避し易く良いですよ。

〇ハリーシュリンプ4インチ
カラーは水中でボワッと白っぽく膨張するK.O.シュリンプⅡ

〇ビーブル3/8oz. DW
霞ケ浦水系で少し濁り気味の時に多用するパーチカラー。

〇ボルケーノグリッパー
より濁ったエリアではバズベイト。擦れ音とスプラッシュの感じが気に入っていて、最近愛用中です。

【タックル】

〇ハリーシュリンプ4インチ バックスライドリグ
BL SG 681MH/MFB・スティーズ681MMHF-SV(ブラックジャック)
スティーズCT SV TW 700XHL(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター13lb.(ダイワ)

〇ビーブル3/8oz.
ブレイゾン661MB-G(ダイワ)
スティーズSV TW 1016H(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター14lb.(ダイワ)

〇ボルケーノ グリッパー(ノリーズ)
BL LG 6101MHFB(ダイワ)
リョウガ1016H(ダイワ)
スティーズフロロ TYPEモンスター14lb.(ダイワ)

yamaguchi 2019.06.24

皆様、こんにちは!フィールドレポーターの山口です。

今回はアメリカのローカルトーナメントに参戦してきましたので、その模様をレポートしたいと思います!
私自身、初のアメリカ訪問となり、実際のフィールド以外にも色々と見てきましたので、その辺りもレポートしたいと思います。

ビジネス目的の出張だったのですが、週末を挟むという事で、本場アメリカのフィールドを訪問する機会に恵まれました!!訪れたのはジョージア州アトランタ郊外にあるLake lanier(レイクレニアもしくはレイクラニアーと呼ぶようです)。

レニア湖と霞ヶ浦の比較、左がレイク湖、右が霞ヶ浦となります。

面積比較では霞ヶ浦は168.2k㎡、北浦が34.4 k㎡、一方のレニア湖は150 k㎡と霞ヶ浦よりは若干小さいのですが、湖岸線距離を比較すると霞ヶ浦の125㎞に対し、レニア湖は湖岸線が複雑に入り組んでいる事もあり、その距離なんと1114㎞と、霞ヶ浦の約10倍!!
日本一の大きさを誇る琵琶湖の湖岸線は241㎞となるので、琵琶湖と比較しても約5倍もの湖岸線距離を誇る湖となります。それだけ、釣るスポットが沢山あるということ…。

そんなレニア湖ですが、メインターゲットとなるのはスポッツ(スポテッドバス)となります。また、B.A.S.S.やFLWといったメジャートーナメントも開催されるフィールドとなり、直近では2月に今シーズンのバスマスターエリートシリーズの第2戦が開催されました。

今回は、このレニア湖で開催されたLimitations(リミテーションズ)というローカルトーナメントに参加する機会に恵まれました。大会を主催しているのは日本人のMAX SATO氏。今回はMAX氏に、ライセンスの購入からタックル(ロッド)のレンタル、フィールドの案内まで、何から何までお世話になりました。フィールドには前日の夕方に到着したので、短時間ではありましたが翌日の大会に向けてMAX氏とプラクティスに湖へGo!!

きちんと整備されたスロープ!!
バスフィッシングだけではなく、水辺のレジャーを楽しむ人々でボートランプは賑わっていました!!

フィールドの近況やターゲットとなるスポテッドバスの特徴、そして時期的に有効なルアー等、事前にMAX氏より聞いておりました。フィールドの状況はというと、気温が30℃を超える日も多く、湖の水温は26~28℃とアーリーサマーとのこと。
レニア湖のキーパーサイズは14インチ(35.56cm)以上ということで、キーパーサイズ以上を狙うには水通しの良い岬やハンプなど、ディープウォーターを狙うのがセオリーとなるようです。日本のサマーパターンと同じです。
スポッツのメインベイトとなるのはブルーバックへリングなどのシャッド系。事前にグーグルマップ等でレイクの雰囲気を見たところ、檜原湖のようなイメージを抱きつつ、日本から効きそうなルアーをいくつか持ち込みました。

右の写真は湖のど真ん中にあるロックハンプ。
目印としてハンプトップには『DANGER』という標識が立っています。

湖に最初に繰り出した印象は、とにかく広大で、景色がなによりも美しい!最高の雰囲気の中、本場アメリカのバスフィッシングを初体験出来ることに興奮を隠しきれませんでした…(笑)プラのほうは、セオリー通りにロックハンプを数ヵ所チェックしていくと…

2.6ポンド(約1180g)の人生初のスポッツをゲット!
メモリアルな一匹となりました!!

ヒットルアーは日本から持ち込んだヴァラップスイマー3.3インチの10gフリーリグ!

同じくヴァラップスイマーのフリーリグで2匹目をゲット!
ノンキーパーサイズながらもスポッツは本当に良く引きます!!

今回のトリップをサポートしてくれたMAX氏もナイスキーパーをゲット!魚のコンディションは抜群です!
日本から持ってきたI字系ルアーを使っていただきました!

夕刻まで本場アメリカのバスフィッシングを堪能!
といっても時刻は既に夜の21時…(汗)アメリカの日没は遅いのです…。

そして翌日、いよいよトーナメントの参加となります!!眠い目を擦りながら、湖中流域にあるボートランプへ!

朝のレジスト(受付け)!
協賛品のルアーは参加賞として、参加者の皆様へ!レニア湖のバスが気に入ってくれると嬉しいかぎりです!!

今回の大会の案内をMAX氏に作っていただきました!
キープ出来るのは14インチ以上のスポッツのみ、リミット3本の合計ウェイトで競われます!

参加者の皆様のスタートを見送ってから、私もMAX氏とフライトします!!

レニア湖の素晴らしい景色を見ながら、ファーストスポットへ!!

前日のプラクティスでも釣ることが出来た、湖下流域のハンプ周りから釣りを開始します。モーニングバイトを期待しますが、この日はまったくの無反応…(汗)前日のプラクティス時には乗らないバイトも数回あり、魚は絶対に居るはずと思いましたが、大会になると釣れなくなるのはアメリカも日本も同じようです…(泣)

写真左のようにシャローバンクには無数のボートドックがあります!
写真右はブレーバーのダウンショットリグで!!ボートドッグ周りでライトリグを本気で投入するとノンキーパーがめちゃ釣れます…(笑)

MAX氏とノンキーパーを数匹キャッチしたところで、風が強く吹き出します。このタイミングで3ヵ所目となるロックハンプへ!風に乗せてI字系ルアーを遠投し、水面直下をスローリトリーブしてくると、いきなり強烈なバイト!!
MAX氏にネットランディングしてもらい、ウェイインできる魚をキープすることに成功!!ウェイトも3ポンドはありそう!残り2本を目指して湖を走り回りますが、あえなくタイムアップとなりました…。

続々と良い魚が持ち込まれます!さすがは地元のローカルアングラー達!!

私は辛うじて1本をウェイイン!
ウェイトは3ポンドちょっと(約1360g)!このサイズをあと2本釣りたかった…。

優勝者と一緒に記念撮影!

優勝者は3本で10ポンドオーバー(約4500g)と、粒ぞろいのスポッツをウェイインしておりました!2位のチームがビッグフィッシュの3ポンド8オンス(約1700g)を含む3本で9ポンド(約4000g)オーバーをウェイイン!この結果でも、いつものレニア湖と比較するとローウェイトとなるようです(゚Д゚;)

ということで、次回のリベンジが確定してしまいました(笑)MAX氏と、次こそは地元のローカルアングラーをギャフンと言わせようと固く約束しました!

今回のトリップですが、MAX氏には湖のライセンスの購入から、トーナメントの手配まで、何から何まで色々とお世話になりました。
MAX氏はこのレニア湖で日本人向けにガイドサービスを始めており、私のように出張の機会があるバスアングラーは是非利用してみて下さい。
下記にリンク先を貼っておきます。お気軽にお問合せ下さいとのことです。

Facebookアカウント:Lanier Bass
HP:https://lanierbass.web.fc2.com/

今回はレイクエリーも見てきました!広大過ぎて、まるで海…(笑)

レイクエリーは公園のような施設を訪れたのですが、湖と繋がっているラグーンがあり、その中にボートランプが整備されておりました。スロープ傍には魚が捌けるスペースがあり、地元アングラーは釣ってきたウォールアイを早速捌いておりました!

デトロイト近郊のバスプロショップスでショッピング!!
店内はめちゃくちゃ広い!!一日中いれます…(笑)

訪れたバスプロショップスは、ショッピングモールが併設されていました。ショッピングモールの一部がバスプロショップスとなっており、バスプロショップスの裏口からはショッピングモール店内へアクセスが可能です。ショッピングモールと言ってもその規模は超巨大!ショッピングモールに釣具屋があるなんて…釣りやキャンプ、ハンティングが生活の一部となっている証拠です。

私にとっては初のアメリカ訪問となったわけですが、間違いなくバスアングラーにとっては最高の環境が整っている国と感じるはずです!まさに釣り天国…(笑)

今回はボトムアップ様、プロズファクトリー様には沢山のご協賛品を提供いただきまして、この場をお借りして御礼申し上げます!また、MAX SATO氏にはトリップのお手伝いをしていただき、大変感謝しております!是非、皆様もバスフィッシングの本場アメリカを訪問し、そのスケールの巨大さを体験してみて下さい!!

sato 2019.06.20

皆さんこんにちは、フィールドレポーターの佐藤賢一郎です。

最近の釣行ですが・・・まずは小貝川!

毎年、5月頃から効果的になるのが、フロッグやバズベイトなどのトップウォーター!
エキサイティングな釣りゆえ、自然と出番も増えます(^^♪

しかし・・・
草深さんもコラムで綴っていたのと同じく、自分の通う小貝川でも、5月前半はトップウォーターでの反応はイマイチ(-_-;)

釣果をもたらしてくれたのは、ハリーシュリンプやブレーバーなどのソフトルアーに集中しました。

ハリーシュリンプ4インチのバックスライドセッティングで!!

ブレーバーのスナッグレスネコリグやハリーシュリンプ4インチのテキサスリグでも!!

バスのポジションも安定せず、シャローとディープを往来している感じ・・・
例年通りのシャローだけにマトを絞った釣り方だけでは、釣果に結びつかなかったのが5月前半の小貝川でありました。

釣り仲間も、ヴァラップスイマー4.2インチのウェイテッドリグやハリーシュリンプ4インチのテキサスリグで、グッドワン!(^^)!

その時期に実績のあるルアーを使い込むことも大切ですが、そこはやはり、自然界との駆け引き!!
その日の状況に合ったルアーを常に模索していかないと、近年の賢くなったバス達は応えてくれない様です(^-^;

しかしその後・・・!
季節感が進行したのか?腕の差なのか?小貝川を訪れた川村さんが、フロッグ、バズベイト、そしてカバージグ&ハリーシュリンプ4インチで、かなり良い釣りをしたようです!

自分自身も負けまいとトップで!と、思っていた矢先・・・
マイカーが、ナゾの不調現象へ”(-“”-)”
セルモーターに不具合が生じているようで、エンジンが掛らなくなってしまう時があるのです。
この絶好のタイミングで・・・トホホ・・・(>_<)

ボートを牽引しての車の故障は、本当に焦ります。
皆さんも、ボートやタックルのメンテナンスだけではなく、マイカーのメンテもお忘れなく~!

仕方なくボートでの釣りは止めておき、ここ最近は、霞ヶ浦南西岸でのオカッパリがメインに。

このエリア、オカッパリスポットは多数ありますが、これから良くなってくるのはやはり、流入河川!

バスは居ても、プレッシャーは高い状況で好調だったのは・・・

ビーブル!!
ハイプレッシャーなオカッパリエリアでも、着実にバスをもたらしてくれました\(^o^)/

ビーブルは初期プロトの頃から使っていますが、お世辞抜きで、とにかく良く釣れる!!
かなり良い思いをさせてもらいました<m(__)m>

一番の特徴である“スプリッター”による横振動がプラスされた事で、これまでのスピナーベイトでは獲れなかった魚が獲れることを実感しています。

ビーブルの動きの違いは、他のスピナーベイトと並走引きして見ると一目瞭然ですYO~\(^o^)/

また、アクション以外でも「良いな~」と感じているのが、トレーラーフック無しでも安心して使える、フックの大きさ!
これはとても重要なことで、カバーに絡めながら引いてきやすく、オカッパリにおいても、対岸ギリギリのキャストがしやすい。

また、霞水系のオカッパリでもう一つ良かったルアーが、

M.P.Sのスモラバセッティング!!

残念ながらの、寸止め49cmフィッシュ!!

これは、流入河川での一匹。
減水傾向でもホソにバスは入ってくるのですが、浅いうえカバーも少ないので、警戒心はMAXレベルに!!
水辺に立っただけで逃げて行くような見えバスに様々なアプローチを試みますが、なかなか口を使ってくれません(-_-;)

そこで、ある程度バスが着きそうなスポットに的を絞り、水辺に立つ前に、護岸や葦などのブッシュを壁として利用し、ロッドだけを出して真上から落とし込みます。
このアプローチだと、以外とあっさり口を使ってくれる!

自分自身、正直なところスモラバは苦手で、晩秋~冬以外、ほぼ出番がなかったのですが・・・
これからは、一年中活用していきたいと思います\(^o^)/

最近使用のルアー
ボート編

上から
・ハリーシュリンプ4インチテキサスリグ
・ハリーシュリンプ4インチバックスライドセッティング
・ブレーバー5.7インチスナッグレスネコリグ

毎度お馴染みのリグ達ではありますが、どれ一つ欠かせないため、ボート釣りの際は必ず全てをリグっています。

オカッパリ編

上から
・ビーブル3/8オンス DW S402 ホワイトチャート
・スモラバ2.5g(ダイワ) M.P.S 2.4インチ

スモラバにM.P.Sの組み合わせは、プレッシャーの高いエリアにおいて群を抜いて効果的!!
寒い時期よりも、バスの反応が早く返ってくるので、よりスピーディーなチェックが可能です。
「反応が無ければ、次~!!」くらいのペースでOK!!

長文となりましたが、旬のルアーと、今にアジャストしたルアーを使い分け、
これからの暑い時期を楽しんでください!!m(__)m

1 / 1812345...10...最後 »
  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop