COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 『ロッドマンオカッパリ大会にて年間優勝!』

『ロッドマンオカッパリ大会にて年間優勝!』

ryoya 2019.12.06

皆様こんにちは、フィールドレポーターの山口諒也です。

今回は12/1に開催された、ロッドマンオカッパリ大会 第10戦(最終戦)の模様をお伝えします。

過去2戦の結果を振り返ると、第8戦はスイムジグのヘッドスライド5g(レイドジャパン)+ヴァラップスイマー4.2インチと、フットボールジグのTGブロー7g(エバーグリーン)+ハリーシュリンプ3インチの組み合わせでバスをキャッチ!3位で終え、年間順位も3位まで上げることができました。

しかし大事な第9戦を、やってはいけないノーフィッシュ・・・
ただ、年間争いをしていた上位の方々もノーフィッシュで終えたことで、運良く順位はそのままで迎えた最終戦でした。

今回プラクティスには6日間入りました。
年間順位2〜6位までは、最終戦で優勝すると一発逆転の可能性もある状態でしたので、僕自身も優勝のみを狙って勝負に出ることにしました。

試合が開催される一週間前にボートの大会が行われており、水温が下がりだしたにも関わらず、僕が考えていた深場よりも浅いレンジでグッドコンディションが釣れていたことを知りました。

やはり、シーズン終盤までシャローに残る魚はデカイ!
それなら得意なシャローカバーで勝負しようと、プラクティスで重点的にチェックしていきました。

季節が進むごとに水色は透明度を増し、ハイシーズンに受けたプレッシャーも溜まり、バスはルアーへの警戒心がとても高くなります。また、水中に入る光量も増すので、カバーがつくるシェードに入りたがります。そこで有効な釣りが、スモラバをカバーに吊るして中層で誘う釣りです。

理由は、

・シルエットが小さく食わせ能力が高い。
・バスの目線より上で誘えるためフックやラインを見せることなく、ルアーへの警戒心を軽減できる。
・ラインアイの角度が90度のタイプであれば、水平姿勢によるナチュラルな誘いができる。

など、警戒心の強まったバスに口を使わせることのできる要素が多いからです。

プラクティス初日は、あらかじめ目をつけていたポイントに入ってみることにしました。
水深1m程ですが、矢板に木が覆いかぶさり、さらにその下にレイダウンの絡むゴージャスなカバー。
加えて、本流と支流の水がぶつかり合って反転流を起こし、カバーに流れが緩やかに当たり、とても上質なスポットを形成しておりました。

よく目を凝らすと、小さなエビがたくさん居ました。

これはスペシャルだと思い、ボトムアップのプロトスモラバ2.5gにM.P.S 2.4インチ(脱皮シュリンプ)の組み合わせで、マイクロピッチシェイクを行うと

推定500gのバスがすぐに釣れました!

さらに少し時間を空けて入り直すと、推定キロアップはありそうなグッドサイズがヒットするも、すぐにバレてしまいました(p_-)
その後はこれ以上触らないでおこうと帰宅・・・

その日の夜、冷たい雨が降り翌日に同じポイントに入ると、たくさん居たエビが消えていてノーバイトでしたが、その後3日間バイトを取っており、バスがルアーを食ってきてもフッキングしないように注意していたのですが、直前プラクティスでキッカーサイズを釣ってしまうミスをしてしまいました。

やってしまった(p_-)と冷や汗をかきましたが、この場所にはまた魚が入ってくるだろうと信じて、本番へ挑みました。

大会当日、ゲストに伊藤巧さんが来ている影響もあってか、参加人数は12月にしては多い115人が集まりました(^^)

競技時間は、7~11時の4時間。
開始と同時にポイント目掛けてダッシュ!
無事一番乗りで到着し、緊張の一投目。
すぐにモゾッ!とバイトがあるも、超ショートバイトによりフックアップ出来ず。

一投目からミスをしてしまいましたが、魚は必ず来る!そう言い聞かせて、集中!

ルアーを見切らせないために、バイトのあったスモラバを別のカラーに変更!
M.P.S2.4インチのカラーも脱皮シュリンプからスモーキークローダットに変更して、約40〜50分ほど時間を空けてから、再度マイクロピッチシェイクを行うと・・・

ナイスサイズを取り返す事に成功!

ここで、もう一度スモラバとトレーラーワームの色を変更!
「そこに複数匹のバスがいても、仲間が釣られると警戒して食わなくなる」
と川村さんが話していたを思い出し、こまめにローテーションをさせることにしていました。

それから時間を空けて待っていると、一本目をキャッチしたポイントのすぐ近くで足下の矢板目掛けてバスがボイル!
すぐにマイクロピッチシェイクを行うと、ボソッと超ショートバイトがあるもフッキングせず、回収。

直ぐ近くにあるカバーへ再度入れ直すと、グッ!と押さえ込まれるバイト!

フッキングと同時に強烈に引き込まれるも、丁寧にやり取りし、極太のグッドコンディションをキャッチ!

また時間を空け、スモラバとM.P.Sのカラーを変えて一投目!
ナイスキロアップをキャッチ!
一匹目の魚を入れ替えることに成功!(大会ルールは2本の総重量です)

さらなるウエイトアップを狙うも、フックアップまで至らずタイムアップ。

結果は・・・

2本2,880gで優勝!!

そのまま年間順位発表も行われ、

年間優勝も獲得することができました(^^)

1年間、運営をされたロッドマンさん、選手の皆様お疲れ様でしたm(_ _)m

まだ自分に足りないところが沢山あることに気付き、もっと上達できる!そう思えた一年でもありました(^^)

最後に、応援、サポートしてくださった皆様、1年間ありがとうございました!
来年も全力で勝ちに行きますので、宜しくお願いしますm(_ _)m
では!年内ラストの大会に向けて今週末も駆け抜けてきます(^^)

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop