COLUMNCOLUMN

HOME > COLUMN > 『M.P.S 2.4』

『M.P.S 2.4』

kawamura 2018.10.29

こんにちは、川村です。

いよいよ朝晩は肌寒くなってまいりました。
水温も10度台に突入し、バスの活性も下がってくる頃合いです。

例年、釣果が下がってくるのもこのタイミングからで、
冬に向かうほど釣れる場所とルアーが限られていきます。
とはいってもまだバスは十分動ける時期ですので、
今はむしろ、バスが広範囲に散って魚影が薄い状態であることが
釣りにくくさせる要因だと思います。

なんにせよ、岸沿いからバスが離れていくのでオカッパリで捉えにくくなるし、
水温が下がってもバスをストックするエリアにはアングラーも集中するので、
プレッシャーも最高潮(^-^;

そんなタイミングで毎年頼りにしているのが、
スモラバの中層マイクロピッチシェイクです。
「秋はマキモノ」といわれる一方で、
水温低下とハイプレッシャーでなかなか口を使ってくれないバスに対して、
マキモノの真逆ともいえる“一点シェイク”もまた、
この時期に極めて有効な釣り方なのです。

頼りにしているということもありますが、
これでなければ食わせられる気がしない場面も多々あるほど!
マイクロピッチシェイク専用に開発した『M.P.S(エム・ピー・エス)』が完成したことによって、
食わせるチカラはさらにアップしました。

・細かく、異常なほどハイピッチに震えること。
・多彩なパーツが震え合い、ピンテール単体では絶対に出せない複雑な視覚効果を生むこと。
・中層を水平姿勢で誘える低比重マテリアルであること。

しかしバスは塩を好むと感じているので、
理想的な姿勢をキープするギリギリの比重で塩を入れたところもちょっとしたコダワリです。

そして、細かなシェイクが苦手な人でも釣れる動きを発することにも留意しました。
2つのクビレがクッションの役割を果たし、
不規則な動きもナチュラルな動きに変換します。

先日訪れた霞水系でもグッドサイズ連発(*^^)v

スモラバトレーラーだけでなく、ダウンショットリグもGoodです!

ただ今生産中にて、12月上旬の出荷を予定しております。
冬に新作をリリースすることは異例ですが、
食い渋った状況こそ頼る釣りですので、ある意味旬なのです。

さて、話は変わり、山本釣具センター「YamaTube」にて、
アユ釣りに初挑戦した動画がアップされております。
https://www.youtube.com/watch?v=7VwqGZbo3DM
アユを取り込めずにアタフタしているところをご覧くださいませ(^-^;

それでは、今回はこの辺で失礼しますm(__)m

  • Facebook
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
Pagetop